るりとうわた

日常をつづる

“ノーベル賞週間”

アメジストセージが花盛りです。

やりましたね、ノーベル化学賞で、日本人の受賞です。

スウェーデンの王立科学アカデミーは、2010年のノーベル化学賞北海道大学名誉教授である鈴木章氏、米Purdue大学教授の根岸英一氏、および米Delaware大学のRichard F. Heck博士ら3名に授与することを発表した。

鈴木、根岸両名の受賞により、日本人のノーベル賞受賞者は米国籍の南部陽一郎氏を含めて合計18名となり、ノーベル化学賞としては、2008年の下村脩氏に続くもので7人目となる。

今回の受賞理由は、鈴木氏は1979年に報告したパラジウム触媒を用い、有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物を、クロスカップリングさせる「Suzuki coupling反応」などと呼ばれる反応により、触媒化学や材料科学などの広い分野に大きな影響を及ぼしたことが評価されたもの。

一方の根岸氏は、1977年に報告がなされた有機亜鉛化合物と有機ハロゲン化物とをパラジウム触媒のもとに縮合させC-C結合生成物を得る「根岸カップリング」と称される反応を発見したことによるものとなっている。

なお、ノーベル賞の授賞式は12月10日にスウェーデンストックホルムで開催され、賞金として1000万スウェーデンクローナ贈られる予定。

この1000万スウェーデンクローナというのは日本円で約1億2千万円にあたり、受賞者3人で分けるということだそうです。

また今週は “ノーベル賞週間”と言われ、文学賞では村上春樹氏の名前(予想で)も上がっていますが、明日どうなるでしょうか。

明後日は前回書きました、ノーベル平和賞で中国の方が受賞するかどうか注目です。