るりとうわた

日常をつづる

ノーベル文学賞はペルーの作家、マリオ・バルガスリョサ氏に決定

ストックホルム=伊東和貴】スウェーデン・アカデミーは7日、今年のノーベル文学賞を、ペルーの作家、マリオ・バルガスリョサ氏(74)に授与すると発表した。同アカデミーは授賞理由を「権力の構造や個人の抵抗、反抗、そして挫折を鋭く描き出している」と説明した。
 賞金は1千万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。

      ◇

 1936年、ペルー生まれ。58年にマドリード大学に留学。59年に短編小説集「ボスたち」がスペインで出版。その後、パリでジャーナリストとして働く。63年に、軍人養成学校での体験をもとに、若者たちの目から社会の偽善や腐敗を告発した長編「都会と犬ども」を発表。緻密(ちみつ)な構成と縦横な文体で軍人養成学校の欺瞞(ぎ・まん)を描き、注目された。

 続いて長編「緑の家」(66年)では、貧富の差が激しく、さまざまな文化が混在するペルー社会を描いて高く評価され、ラテンアメリカ文学を代表する作家として確固たる地位を築いた。

 81年には、19世紀末にブラジル奥地で起きた宗教的な反乱を描いた「世界終末戦争」を発表。85年に国際文学賞リッツ・パリ・ヘミングウェー賞を受けた。

 長編に「ラ・カテドラルでの対話」(69年)、「パンタレオン大尉と女たち」(73年)、「アンデスのリトゥーマ」(93年)、「ドン・リゴベルトのノート」(97年)などの作品がある。ガルシア・マルケス論やフロベール論などでも深い洞察力を示し、80年代に入ってからは戯曲も発表した。ロンドンやバルセロナでの生活を経てペルーに戻り、76年には40歳の若さで国際ペンクラブ会長に選ばれ、社会的な発言も続けている。

 90年に中道右派「民主戦線」から大統領候補に立ち、日系のアルベルト・フジモリ氏に決選投票で敗れた。その後はロンドンを中心に生活。99年に大江健三郎さんと朝日新聞紙上で書簡を交わした。

 「都会と犬ども」「緑の家」「世界終末戦争」「楽園への道」など多数が邦訳されている。

文学的ジャンルが少し違いますが、村上春樹さん、残念でした。
でも、まだお若いですから、チャンスはあります。

マリオ・バルガスリョサ氏の本の紹介です。

都会と犬ども (新潮・現代世界の文学)

都会と犬ども (新潮・現代世界の文学)

緑の家(上) (岩波文庫)

緑の家(上) (岩波文庫)

世界終末戦争 (新潮・現代世界の文学)

世界終末戦争 (新潮・現代世界の文学)

楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)

楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)

ちなみにお顔はこういう方です。