るりとうわた

日常をつづる

大飯原発「再稼働反対」 市民ら官邸囲む

参加者20万人と主催者側 警視庁は2万人弱 野田首相「大きな音だね」

関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町)の原子炉起動を7月1日に控え、原発再稼働に反対する市民による抗議行動が29日夕、首相官邸周辺で繰り広げられた。「再稼働反対、再稼働反対」。地中から湧き上がるような声が官邸を包んだ。
 抗議行動は、脱原発グループを中心に、短文投稿サイトのツイッターフェイスブックなどを通じた呼び掛けで市民らが集結。毎週金曜日夕にあり、再稼働が政治課題に上り始めた6月は回を重ねるごとに増え、この日主催者側は20万人と発表、 警視庁は2万人弱としている。

 参加者も子連れや中高年まで年齢層も幅広く、太鼓をたたく人、獅子舞の格好で踊る人も。官邸前から霞が関の官庁街まで1キロ近くにわたって路上に人々があふれた。

 東京都練馬区の主婦吉野妙子(よしの・たえこ)さん(31)は、9カ月の赤ちゃんを胸に抱いて初めて参加。「原発事故などが起きて子どもに何かあってはいけないと思い、来た。安心して暮らせるようなエネルギー政策を国民みんなで考える社会になるべきだ」と話した。

 3回目の参加という千葉県館山市の大学生川名勇摩(かわな・ゆうま)さん(19)はプラカードを手に「原発によらない安全な電気を使うことが大切。こうしてまとまった国民の声を示すことが大事だ」と真剣な表情で話した。

 野田佳彦首相は官邸から徒歩で公邸に引き揚げる際、抗議行動の参加者の声に気付き、「大きな音だね」と驚いた様子で警護官(SP)に話し掛けていた。

 警視庁は、機動隊員らこれまでで最大の数百人を警備に当てて警戒したが、大きなトラブルはなかった。

 大飯原発3、4号機の再稼働は16日に政府が正式決定。3号機に続き、4号機も早ければ7月17日に原子炉を起動する。

 (2012年6月29日、共同通信

20万人とはすごいですね、警視庁の2万人とは大きな違いですが、道路全部が1キロ以上に渡って埋め尽くされれば、2万人で足りないのは歴然です。
こういうニュースを何故マスコミは流さないのでしょうか?
偏り過ぎていますね。

また、16日には7・16「さようなら原発10万人集会」が行われます。

※記載内容が変更になることもございます。あらかじめご了承ください。

日時:7月16日(月・休)12:15〜
会場:東京・代々木公園B地区全体(サッカー場、イベント広場、ケヤキ並木周辺)
内容:場内にステージを4〜5ヵ所設置します。

   第1ステージ 12:15〜 オープニングコンサート
                  小室等
           12:55〜 集会開始
         呼びかけ人から 内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、
               鎌田慧さん、坂本龍一さん、澤地久枝さん、瀬戸内寂聴さん
   パレード出発:13:30〜(集会中に出発します)。
           ※コースは3コースで調整中です。
                  14:00 集会終了
          14:05 「フライングダッチマン」ライブ
          15:20 終了予定

   第2ステージ(野外小音楽堂)
          11:30〜 寿[KOTOBUKI]ライブ
          11:55〜 ※企画中
          12:20〜 休憩
          14:00〜 トーク
          15:00〜 ライブ&トーク

   第3ステージ(4トントラック)
          11:00〜 ライブ&トーク
          15:00または16:00終了

   第4ステージ(―)
          調整中

■デモ・パレードコース

●原宿コース→明治公園(四季の庭) 3.0km / 市民、NGO
●渋谷コース→恵比寿東 2.9km / 平和フォーラム・原水禁関連団体
●新宿コース→新宿中央公園 2.7km / JR総連、全労連関連団体
<<