るりとうわた

日常をつづる

7月

f:id:sasameyuki47:20200704062643j:plain

もう7月ですね。

早くも半年が経ち、毎年やってくる七夕競書の季節です。

大きな条幅に草書で書くのですが、手直しがいっぱい入って、これを2週間後には清書して提出しないといけません。

それもようやく6月から会館での使用が可能になり、会合が持てるようになりました。

昨日あったのですが、家から歩いて30分、天気の良い時には運動を兼ねて歩いていきます。そうでないときは2区間のバスに乗りますが、1時間に1本なので開始に上手く時間が合いません。

昨日は昼ご飯を、テレワークの娘用に作り、バスで行き、帰りを歩き、5000歩程でした。

夫はゴルフと、我が家の日常も戻りつつあります。

娘はミーテイングの日に週に1~2度出社して、8月まで様子見です。

居間を占拠されてる身として早くこちらも、撤退してほしいのですが、今の東京の様子ではまだ無理なようです。

100人越えが2日続きましたから、今後どうなるのか不安ですね。

ただ以前と違いPCR検査が進んでいるというので、入院しなくて隔離で良い若い方の無自覚症状の方が多いということです。

ようやく、日本でもPCR検査が進んできているようです。

あの3~4月にこの検査が進んでいれば、もっと感染者は多く出て,無自覚の無症状の患者を確保でき、拡大を未然に防げたかもしれません。

患者の数値が少なくなった時にも、見えないところで、無自覚の無症状の患者は広がり続けていたのではないでしょうか?

そのコロナが生きつづけて、緊急事態が解除され、どっと人が出て、広がり始めたのではないでしょうか?

f:id:sasameyuki47:20200704063227j:plain

 写真は、雨の中咲き続けているクチナシの花ですが、木として見ると、咲き終わった花が茶色くなり、全体としては美しいものではありませんね。

最後の飛び道具?だったよく見える眼鏡を購入したのですが、これが、今のところよく見えすぎて、目が疲れるのです。

特に、パソコンを見ると、翌日は涙目で、PCがどっと見れません、やはり、ブルーライトカットとか、入れたほうがよかったのかしら?困りました。ただ新聞、雑誌は見やすくなりました。

今日の毎日新聞に面白い記事が載っていました。

先日安倍さんが新聞記者に、学校閉鎖など初期に発令された点での反省点はありますか?と言う見ような質問が出た時、安倍さんが「終わってから、反省はする」と言うように・・・!?

いったいこのコロナ禍はいつ終わるとお考えなのでしょうか?
まるで人ごとのように聞こえますね、一国の首相たる立場で、相変わらずの無責任振りですね。
まだ終わりが見えないから、反省して前に進むのです。
今朝の記事になるほど、と感心したのは、

 広告大手の電通が、あの手この手で国の巨大事業を貪欲に受注してきた商法に感心していたら、榑谷(くれたに)典洋副社長が6月8日の記者会見で、
 「電通は広告会社ではない。ソリューション提供会社だ」
 と説明するのを聞いて合点した。先日、政府高官から同じカタカナ語を聞いたばかりだったからだ。
 流行のビジネス用語で「問題解決」の意味らしい。高官は、経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長が官邸主導の政策責任者として重用されてきた理由を語る中で口にした。

 「政策のストーリーは誰でも作れる。官邸に売り込む役人はたくさんいるけど、肝心なのは出口の執行だよ。新原氏はソリューションを考えた上でストーリーを作れるから、今井(尚哉(たかや)首相秘書官兼首相補佐官)さんが高く評価してきた」
 新原氏は昨年、元アイドルの女優・菊池桃子さんとの結婚が話題になった以外一般には無名でも、霞が関で知らぬ者はいない。何しろ2014年以降、安倍政権の看板政策の大半をとりまとめたスーパーマンなのだ。「1億総活躍」「働き方改革」「人生100年時代」……。
 新型コロナウイルス対策で、中小零細企業に現金を支給する政策も、コロナ自粛で窒息寸前の観光業を支援する大キャンペーンも、「電通を使えばすぐできます」というソリューションを信じたから、官邸はゴーサインを出した。「解決」どころか「停滞・混迷・紛糾」に陥ったてんまつはご承知の通り。行政の執行を民間に丸投げしたツケである。
    *    *
 第1波コロナ対策の評価はいまだ定まらない。政治家の方針変更や感染症専門家の反省を聞くと、「一律8割接触削減」や「新たな生活様式」の呼びかけは前のめり過ぎたという意見が優勢になりつつあるようでもあれば、なおさら戸惑う。
 一つはっきりしたのは、「1強」政権の意外なもろさだ。自粛要請に伴って、政府が配ると大見え切ったマスクも10万円も生業維持の給付金もなかなか届かず、観光業を支える施策もつまずいた。行政の失態と言うほかない。この体たらくで大丈夫なのか。第2波へ備えるにしても、皆が不安を抱いている。
 「どうせ官邸官僚が悪いと言うんでしょ。私もそこに入るの」 内閣官房幹部は鼻白んだ。
 「そう言われたら嫌ですか」
 「嫌だ。君が言うのは、側用人(そばようにん)のことだろ。内閣官房は違うよ」
 古めかしい言葉が登場した。側用人徳川幕府で将軍の意向を老中に伝えた取り次ぎ役。老中をしのぐ実権を持つ者も現れ、代表格の柳沢吉保は500石から15万石へ、大老格にまで成り上がった。安倍内閣では、今井氏を指す隠語のようだ。
 官邸主導が強まって各省は官邸の下請けと化した。今や内閣官房への出向が官僚の出世コースだが、内閣官房の各省調整は行政組織の運営規則に沿って行われる。一方、この政権では今井氏に代表される秘書官・補佐官が本来の役割を大幅に超えて、テーマごとに次々と指示を出す。首相の意を体してというより、権威をかさに実権を振るう「側用人政治」と呼ぶべき実態がある。この幹部は、二つをごっちゃにするなと言いたいのだ。ただし、今井氏の名代である原氏が内閣官房幹部も併任しているように、明確に区別するのは難しい。結局、「今井案件」かどうかで線引きするしかない。
 経産省出身の今井氏は、安倍晋三首相の信頼絶大な随一の側近。隠然たる権力は、菅義偉官房長官に比肩する。コロナ対策で安倍首相が専門家の助言もなく、菅氏ら閣僚の反対にも耳を貸さず突然、全国一斉休校を号令したのは今井氏の献策だったと知れば、うなずけよう。
 7年以上続く強引な側用人政治に、霞が関では反発や無力感がたまっている。結局、今井氏が頼れるのはいつも古巣の経産省だ。ソリューション官僚に依存するのは、各省にそっぽを向かれているからでもある。コロナ対策のほころびは、官邸主導という名の側用人政治が経年劣化している実態を露呈した。

   *    *
 今井氏が「若い頃は演劇を志し、東大で野田秀樹氏主宰の劇団ものぞいたらしい」との風聞を耳にした。裏付けは取れなかったが、取材すると、怪しむより面白がる人が少なくなかった反応が面白い。世論対策を最優先する今井氏の発想が、観客をいかに楽しませるかに通じているのだという。冒頭と別の政府高官は
 「経済成長優先の他に理念も戦略も大局観もなく、唯一、内閣支持率を上げることしか関心がない」
 と手厳しい。支持率が長期政権の最大基盤だったことを考えれば見事に当たったわけだが、コロナ失政によってその基盤も崩れつつある。
 官邸主導は元々、政治主導と同義だった。では、側用人政治はどうだろう。安倍首相は「私が決断した」「責任は私にある」と強調するが、旧通産省OBで昨年死去した作家の堺屋太一は生前「安倍政権の官邸主導は、1文字違いの官僚主導にすり替わっている」と喝破した。

側用人の政治なんですね!?道理で、安倍首相は いつも他人事のような答弁でした。国民の政治に取り戻さなくてはいけませんね。

機種変更

f:id:sasameyuki47:20200619070432j:plain

雨の日の朝に、ぽっと咲いた一輪のクチナシの花です。

梅雨を象徴する花は紫陽花だけでなく、クチナシの花がありましたね。つぼみはたくさんついているので、これからたくさん咲かせてくれることでしょう。

我が家にも、あの有り難いのか?そうでないのか?よくわからないアベノマスクと給付金が届きました。

一時期は、年金をもらっているから、困窮するほどでもないし・・・

とも考えたのですが、それから夫のスマホの音量が出なくなり、イヤホーンで、電話するしかなくなり、私のスマホWIFIを入れてから、たびたび低用量で余分なアプリを削除するようにと出るので、その間はメールを打っていても変換できずに、元に戻って(ひらがなに)しまいます。

それで最近は使いにくいので、もう3年、購入費0円の目玉商品も買い替え時です。

またちょうど、寝室のTV(娘がくれた)が壊れ、居間は8月までテレホームで娘が使っているので、TVは見れないし・・・

で、TVを購入し、スマホ2台を新機種に変更しました。

f:id:sasameyuki47:20200618180741j:plain

右がこれまで使っていた富士通の、左が、シャープのアクオスです。

写真が綺麗で、容量があるスマホで、一台5万までで決まりました。

今までの容量の4倍はあるというので、嬉しいです。

またカメラは2台あるので ,これまでのよりは綺麗でしょうと言うことでした。

f:id:sasameyuki47:20200621065615j:plain

その分、これまでのより重いです。

中々設定に時間が掛かりますが、使いこなしていかなければなりません。

これもチャレンジの一つです。

ただ、新しいパソコンになっても、新スマホになっても、見えないものは見えないですね、特に小さな字は。

結局眼鏡が合わなくなったのです。

また乱視があるので、市販の眼鏡では合いません、最後の仕上げは眼鏡の購入です。

それで、眼鏡市場へ行き、合う眼鏡を注文してきました。来週にはできるでしょう。

この1週間、消費生活に埋没しておりました。

一度に改善されると、嬉しいことですが、しかしコロナには今後も注意して暮らすようですね。

リサイクル

f:id:sasameyuki47:20200610063537j:plain

こちらは水曜日にリサイクルに出した編み機類です。

普通の編み機に、電子編み機(自動編み機)に、着けるゴム編み機です。

もう30年近くかな物置に眠っていました。

子供達の幼稚園・小学校時代に家から8分ぐらいのところに編み物教室を見つけ、通いはじめ私は夢中になりました、ですからそのころのお宝です。

夫が「これ投資だけでも相当額だな」と言います。

が、その時の家計にその余裕はなく(夫には悪いけど)、地産地消ではありませんが、先生のところに来るメーカーの製品を月10着程制作しましたし、個人的にも頼まれものを編みました。

メーカー品と言うのは、糸が市販されていない独特の糸を使うので、形はシンプルなのですが見栄えがするというか、既製品でないと買えないということです。その糸屋さんと先生が友人で来る仕事でしたが、使い終わった糸は二度と使わないから、安く分けてもらいました。色々と面白い経験をさせてもらいました。

資格も取って、先生の助手として、新規購入者の指導にも行っていました。

春や秋の展示会には、マネキンに着せた作品をそのまま値段をつけて売りました。毛糸を使いながら、いかに布のように、または穴あきでレースのような作品を創るかと言うことに重点を置き、日常とはl離れていきました。

それに、次第と裏が見えてくると,資格と言ってもメーカーが出している資格で、どうしてもノルマが出てくる事もわかってきました。

近所で、友人たちが教室を開いたら、行くからね、と言ってくれ、真似事のようなこともしました。

でもやはり自分は消費者なんだということを強く感じました、新しい糸で編むよりも、古い糸をほどいて、それを工夫して蘇られさせたい。

でもそれをしていては、経営はなりたたない、機械も糸も売りつつ、拡大しなくては。

それと、家で編むということは、内職と同じことで、切り上げられない、家族を巻き込み、きりの良いところ終える、のに葛藤する。

それでは家族も楽しくないので、やめました。

子供が中学生になった時、パートで勤めに出ました。それを理由に先生とも縁遠くなりました。

子供たちが巣立ったら、一部屋専用にして楽しむことにしましたが、予定外のことは起こるもので、一人独立しないのがいて部屋があきません。それと目が悪くなったことが大きいです、細かいことは苦手になりました。

f:id:sasameyuki47:20200611085351j:plain

それでもこっそり、まだ1台、太編み機を確保してあります。これは手編み用の太糸を編む機械で、目が大きいので、まだ使えると思いました。

リサイクルで一台千円、まとめて2600円と言われました。

私が「鉄くずですね?」と聞くと、「いえ、探している人がいるのですよ」との返事にお驚きました。

まあ処分するのが目的だったから、値段は交渉しませんでしたが、あとでnetを調べると意外と需要があるらしい、手の空いた私たち世代かな?昔取った何とかで、始めてみようとか・・・

f:id:sasameyuki47:20200610141227j:plain

もう昔を振り返らない女なので…、その時、編み機のそばから出て来たのが、真ん中2本に分けた飴色の梅酒です。

30年物?香りも味も抜群です。毎日オンザロックの楽しみが増えました。

左の容器に入っていて、容器を使うために出しました。

そして、梅1キロ1380円、ホワイトリカー1280、氷砂糖650円で合計2600円は超えましたが、梅酒にばけました。

f:id:sasameyuki47:20200610163946j:plain

梅と氷砂糖の位置が逆転しました。

3か月後、いや1年後、いや5年と漬け込めば、どんな色合いになるか楽しみです。

え~、また30年後?

100才いってるよ!

 

3月の初めに偶然その先生に会って、整形外科の帰りとか、膝が痛くて1週間も動けなかったと、私は腰痛で気を付けながらの散歩中でした。瞬く間に昔の距離で「年は取りたくないわね~」と話しました。懐かしかったです。

水無月

f:id:sasameyuki47:20200602082301j:plain

6月ですね。紫陽花の季節です。

緊急事態宣言も解除され、神奈川県んはもうなんでもありです。

東京都はロードマップがあってステップ2まで来ているそうです、

こんなお隣同士で、段階が違ってもいいものなのか?という気はします。

一極集中化で、圧倒的大多数の劇場がある東京ですが、パルコ劇場のこけら落としが6月20日でしたが、7月に延期されました。

東急の文化村に対する西武パルコ、どちらも好きな劇場でした。

コンサートなどの目安を、約3週間後の6月18日までは「上限人数を屋内で100人、屋外200人、または収容人数の50%以内」とし、同19日以降は屋内・屋外とも上限を1000人とすると策定した。7月10日以降の上限人数は屋内・屋外とも5000人となる。上限人数と「50%以内」の条件は、どちらか小さい方を限度とする。

 「大地」が開幕を遅らせる理由の一つはチケットの発売方法だ。パルコ劇場は636席。6月20日の開幕に間に合わせるには「50%以内」の条件を順守し、半数の席にしなければならない。しかし、すでに全席完売しているため、チケットをいったん払い戻し、半数の枚数で再販売する方向で検討が行われているようだ。さらに稽古の遅れもある。5月は稽古場が使えなかった上、6月に入ってからのスタートとなるが、3密を避け、感染拡大防止対策の下での稽古場使用となるため、稽古の進行ペースは遅くなる見通し。

私は2,3月のチケットが4枚払い戻しになって以降、一切チケットを取っていません。何となく今年は無理なのではという気がしたからです。

会場に行くまでにも1時間半はかかるので、家に帰るまでの6時間以上は緊張し続けないといけないし、公衆トイレはどこのを使うかなんて考えると、まだいいかという気になります。

元の生活にはもう戻れないかもしれないし、今そのパルコ劇場では、チケットの払い戻しをしています。

全席使わないということで、50%になるかどうかはわかりませんが、もちろん少なくなってチケットが再販売されるということです。

当たった人も外れるということですが、残念ですね。

f:id:sasameyuki47:20200606140910j:plain

お隣の庭で咲いている柏葉紫陽花のはなです。

 ≪2月以降延期&中止イベント再開催なら上限5000万円支援≫西村康稔経済再生担当相は25日の衆参両院の議院運営委員会で、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を全都道府県で解除すると報告した。策定中の2020年度第2次補正予算案の内容を説明。2月以降に延期や中止になったコンサートなどのイベントを改めて開催する場合、費用の2分の1を上限5000万円まで支援するとした。 

 という話がありますが、舞台はほぼ3年先まで演目が決まっていると聞きます。

中止になった舞台を再演することはほぼ無理でしょう、結局役に立たない補償です。本来なら中止にした舞台を全対象とするのが平等なのですが、これでは厳しいですよね。

f:id:sasameyuki47:20200602082715j:plain

ガクアジサイで、日が経てば赤くなります、今花びらの先が少し赤いのですが・・・わかり難いですね。

コロナウィルスはこのまま終息に向かうとは思えませんが、お稽古もラジオ体操も再開です。ラジオ体操はしたいものだけで、細々としていましたが、公民館、公園も解放されました。

ソウシャルディスタンスを当たり前のこととしつつ、逆戻りすることなく前に進みたいです。

 

皐月は五月のうちに

f:id:sasameyuki47:20200528171443j:plain

我が家の皐月が満開近くになりました。

間違えても、つつじより先に咲くことはありません。さつきの名前のごとく、きちんと五月に咲いてくれます。

これは3種類の花が混ざっていると思います。

ピンク系のぼかしと、赤系のぼかしと、赤い花と・・・、じゃピンクの花もあるのかな?4種類あるのかも知れません。

f:id:sasameyuki47:20200526091436j:plain

これは夫のお父さんが、丹精込めて自宅の玄関前で育てておられたのを、上京の折、お土産でしょうね、その苗を持って来られたというか、置いて行かれたものです。

働き盛りの夫は全く興味はなく、子育て真っ盛りの私も、パートで働き始めたばかりでした。

根っこに土はなく、きれいに洗われていて、これはミズゴケでも巻き付けるのか、否かさっぱりわからず、量販店で皐月鉢は買ったものの、どうしたものか7株ほどあったと思います。

そこで、枯れさせるよりましと考えて、地植えにしました。

それが20数年たち、つつじかと思うほど大きくなり、毎年花を咲かせてくれます。

他の場所に、赤と白があるので、6株は残っているということで、嫁として立派な役割を果たしたのではないでしょうか?

近所でも珍しい花と言われるし、夫には「お父さんの皐月」というと、「植えていったか?」と言うのですが、「まさか、私が植えたのよ」と毎年同じ応答を繰り返すのでした。

 

話は変わりまして、友人が葉書をくれて、こういう日常は今までにない事だから、日記をつけ始めて記録しておくと書いてあり、「ペスト」も読んだと書いてありました。

私もきっとこの時期でないと読まないだろうと「ペスト」を読みました。

昨年見た舞台「カリギュラ」が、この作者アルベール・カミュでしたから、さぞかし不条理に溢れまくっているのだろうと予想していました。

私たちの今と状況は一緒でした。

主人公の医者の目から見た人物設定が中々面白かったです。医者の同僚、聖職者、判事、事務方、新聞記者、犯罪者と。

その心象描写が詳しくて文学的で、主人公の医者は相談を受けながら、いいとも悪いともいわず、仲間として受け止め、そこへ自分を投影していく。

そしてペスト禍のそれぞれの生きざまを描くのでした。

 

そう専門家会議の記事録が取られていないという話が昨夜出ましたね。

素人の個人がこれまでにない事なので、記録のために日記をつけるというのに、この未知の体験に、何故に後世のために役立たせようとしないのか?不思議です。

というよりか、無責任ですよね。

 

 

雨の気配とニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)の花

 

f:id:sasameyuki47:20200518074842j:plain

雨の気配がすると、これまで枯れ木だった枝に新芽を出し、急に花を咲かせるのが匂蕃茉莉の花です。

その急ぎ方と言ったら、凄い早いですから、いつの間に??となります。

咲き始めは濃い紫色で、だんだん薄くなり、白色になります。

次から次へとつぼみが付きます。

 毎年5月11日〜5月31日、静岡県下田市の「ジャスミン寺」了仙寺で『香りの花まつり』開催。幕末に日米和親条約の付属条約、下田条約が締結された伊豆・下田の了仙寺。1000株のアメリジャスミン(匂蕃茉莉=ニオイバンマツリ)が参道から境内を染め上げます。(↓の写真もHPより)

f:id:sasameyuki47:20160322174306j:plain

この了仙寺で買い求めた株です。

アメリジャスミンと言うらしく甘い香りがします。

春と秋に咲きますが、春は梅雨が近いことを教えてくれますし、冬でも暖かい雨の日などは花開きます。

もう梅雨が来るなんて、本当に良い季節がなくなりましたね。五月晴れって死語かな?

 

話は変わるのですが、こんなコロナ禍の最中の、どさくさにまぎれての、検察庁法改正案 が、今国会での成立見送りで、ほっとしたのですが・・・・

これは一人のツイッターのつぶやきに、リツイートが膨らみ、俳優や演出家等著名人も反対を表明し、大きく国民の声が届いたと言うことでしょう。

それに元検察OBの方々の反対署名も大きかったですね。

今朝がた夫と、朝刊を読む前に、黒川検事長のかけ麻雀について、テレビドラマ仕立風に、夫は「黒川検事長が、安倍さんに利用されたくなくて、自分で仕組んだ芝居じゃないか?」と言うので、私は「それはない。自分の名誉まで傷つけて後世に汚名が残るようなことはしない。ひょっとして自民党が、仕組んで、国民の声の盛り上がりを黒川氏はこんなひどい人間で、逆に騙されたとして、また個人に擦り付けたいんじゃない?」と真面目に推理していたら・・・

我が家は毎日新聞なのですが、朝刊に詳細が書いてありました。

産経でも、朝日新聞でもないから、詳しいのか?、ここ2~3日の麻雀の話かと思えば、なんと5月1日の話の事だそうです。

コロナ禍自粛、それも大自粛の大合唱の最中の話ですよ!驚きました。新聞記者との癒着??新聞記者だって、自粛に関心ありでしょうに、

毎日新聞には、

黒川弘務東京高検検事長新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下、東京都内の新聞記者宅で賭けマージャンをしていたとされる問題で、黒川氏が法務省の事情聴取に、現金を賭けてマージャンをしていたことを認めていることが関係者への取材で判明した。黒川氏は周囲に辞職の意向を伝えているといい、法務省が21日中に公表する見通し。法務省首相官邸と調整を進めているが、官邸は混乱の責任を取る形で稲田伸夫検事総長の辞職も求めているとみられる。
 黒川氏は緊急事態宣言で外出自粛要請が出ていた今月1日午後7時半ごろ、産経新聞の男性記者の自宅を訪れ、この記者と同社の別の男性記者、朝日新聞の男性社員の計4人で翌日未明までマージャンをし、13日にも同じ場所で産経新聞記者らとマージャンをしたとされる。週刊文春20日にウェブサイトで伝えた。  

 恥っさらしもいいとこですよね。お粗末でした。

 事態を重く見た法務・検察当局は黒川氏から聴取。黒川氏は現金を賭けていたことも認めているといい、さらに詳細な事実確認を進めている模様だ。
 法務省は、黒川氏の辞職を前提に、後任人事も含めて官邸と調整を進めている。検事総長次長検事検事長の任命権は内閣にあるが、首相官邸は、稲田検事総長監督責任を問題視しているという。検事総長引責辞任は極めて異例で、調整が難航する可能性もある。

 
黒川弘務東京高検検事長を巡る経緯
 21日午前の衆院総務委員会で奥野総一郎氏(立憲民主党などの会派)が黒川氏の更迭を求めたのに対し、義家弘介副法相は黒川氏から聴取したことを認め、「可及的速やかに法務省として対応したい」と答弁した。
 黒川氏は1983年に検事任官。東京地検特捜部での捜査経験もあるが、法務省勤務が長い「赤れんが派」で、2011年8月から19年1月に検事長に就任するまで、約7年半の長期にわたって法務省官房長と法務事務次官を務めた。
 20年2月に63歳で定年退官する予定だったが、政府は1月、黒川氏の定年を8月7日まで半年延長する閣議決定をした。検察官の定年延長は前例がなく「官邸に近い黒川氏を総長に据える布石だ」との批判が出た。こうした中、政府は定年延長を可能にする特例を設けた検察庁法改正案を国会に提出。しかし、「定年延長を後付けで正当化するためだ」との批判を浴び、今国会での法案成立が見送られた。【金寿英、志村一也、二村祐士朗、国本愛】

 安倍政権もグタグタですね、マスクもぼったくられて(同じことですよね)、必要以上の出費のようだし。

もうやめてもらいましょう。長期政権になるとやりたい放題で、自粛中の自営業やその店員は半減以下の収入で、明日の生活にも困っているというのに、国家公務員はお給料が減ることもなく、のんきにして居れるのですよね。

自民党河井案里参院議員も選挙違反をしていても辞職もしない、責任を取りません。

こういう裁判も、三権分立がしっかりしていないと政治家を裁けませんしね。

 

10年物、いや10年前から続くヨーグルト菌

 

f:id:sasameyuki47:20200513124534j:plain

ジャムの入った瓶を熱湯にくぐらせて消毒し、大匙1から2のカスピ海ヨーグルトを種にして、牛乳をそそぎ、カスピ海ヨーグルトを作ります。

その種と言うのは10年ほど前に大阪の実家から、持ってきたものです。

母がカスピ海ヨーグルトの種を買い、続けていたもので、実家に帰った時に、牛乳500mlの紙パックに作ってくれ、それを新幹線で持ち帰ったものです。

このブログにそのことが書いていないか、自分のブログを検索しました。

ちょうど10年ほど前だった記憶が・・・

一番古い書き込みが、2010年の7月21日に、「自家製のブラックベリーを乗せた自家製カスピ海ヨーグルトで栄養補給です」と書いていました。

それ以前に持ち込んだということで、やはり10年は経っているようです 。

f:id:sasameyuki47:20200513125025j:plain

牛乳を注ぎ入れて、軽く混ぜ、今の温度なら8~10時間ほどでカスピ海ヨーグルトが発酵できます。

冬の気温が低い時は、一日中(24時間)そのまま置くことがあります。

新しいヨーグルトの上の方はお皿に取り、出来るだけ真ん中のヨーグルトを種に使います。

お皿に取ったヨーグルトはもちろん食べます、フルーツを入れたり、ジャムを入れるとさらに美味しくいただけます。

整腸効果同様にヨーグルト全般には免疫力向上の効果があると言われています。免疫力向上においても他のヨーグルトよりもカスピ海ヨーグルトの方が効果が高いと考えられているそうです。

夫にも勧めるのですが、手作りで殺菌していないようなものは嫌だと言います。

雑菌が入ると、しっかりと固まりませんから、その時は使用しません。

きちんとかたまり、いつものようにできた時は成功ですから、食します。

f:id:sasameyuki47:20200513205003j:plain

その日の夕方には、かたまり、カスピ海ヨーグルトの完成です。

食事の時には、サラダのヨーグルトドレッシングに使います。

夫はその時は、美味しい、美味しいと言って食べます、同じものなのに。

これからも、カスピ海ヨーグルトの種菌は我が家で生き続けます。絶やさずに。