るりとうわた

日常をつづる

薔薇園とワクチン予約(タッチの差)

f:id:sasameyuki47:20210504152337j:plain

5月と言ったら薔薇ですよね。

それで、先日、雨の降る前だったから3日の日に行ってきました、出ている人もまばらで、混まないうちに撮影して帰ってきました。

f:id:sasameyuki47:20210504152520j:plain

色とりどりですが、まだすべてが満開という訳ではなく、上の段というか中心はまだ、つぼみという状態でした。

f:id:sasameyuki47:20210504153302j:plain

いろんな種類があります。それぞれに名前も付いています。

f:id:sasameyuki47:20210504153409j:plain

こちらはプリンセス・ミチコ。

f:id:sasameyuki47:20210504152656j:plain

これはアンダルシア。花びらの枚数が多くなっているような?スペインのアンダルシア宮殿の赤い薔薇は、もっとシンプルでした。数年前は同じだ!と思ったのですが、花弁の数が増えることがあるのかしら?

f:id:sasameyuki47:20210504153330j:plain

ブルー・ムーンとなっていました。この開き加減は素敵でした。

この薔薇園の近くに市の体育館がありますが、ここが市の集団ワクチンの接種会場の一つになっています。

私たちの市でも、5月6日から、高齢者のワクチンの集団接種の予約(電話とネット)が始まります。

遅れて、6月1日からは個人接種の予約がそれぞれの医院で始まります。その二本立てです。

夫と相談して、夫のかかりつけ医院で2人の予約を行うつもりでいました。

ただこの1か月近い日にちの差が何でなのかが分からず、同時なら二本立てもわかるけど、主は集団接種で、その後に個人医院の受け皿でとも取れる。

なら、せっかくパソコンを使用しているのだから、挑戦してみようとなりました。

友人の間でも、パソコンを使用する人は少ないし、夫と、市民18万か20万か知らないけど、そのうちの高齢者が3割として、5~6万人の中で、パソコンを使用しているのは・・

そこで娘が。「お母さん勘違いしていない?」と言う、「ネットって、携帯も入っているけど。」と言います。

私は、「そうだ、携帯なら友人も、私世代も皆持っているわ!」となりました。(笑)

希少価値は、なかったけれど、同じスタートラインには立てると思いました。

私は携帯より、パソコンの方が早いと!

私は台所、夫は居間のプリンターの横で準備完了、その間で娘がテレワークで仕事開始です。

ただ夫は私が繋がったら即入ることにして、他の部屋で「待て」の状態です。

私は速攻、ブロックに会い、繋がりませんと他の画面がでます。

連休明けの娘は、電話連絡が必要になり、会社にかけている電話が中々繋がらないと?

私は「ワクチン弊害だわ。昨日横浜でダウンしたとか?」娘、「迷惑だわ~」と携帯で、横の連絡を付けると、その人も「会社に繋がらない」と言っていると。

会社の電話が込み合っている、と応答が出るらしい。今日のお当番は二人しか出ていないのに、なんで込み合うのか???と、嘆いていました。

私は何度も最初から打ち込み、蹴られて、ブロックされて、ほんとチケット取りと同じです。

でもチケットって1時間半頃になると、変化が出てきます。それより酷いじゃない!と席を離れ、TVを付けました。

すると前日から始まった東京のニュースで、八王子の人が、もう繋がらなくて困っていたら、1時間40分経ってやっと繋がったと言うので、時計を見るとちょうど10時40分でした。

再挑戦です、一発で繋がりました。夫に声を掛け、直ぐについてきてもらう。

それは同じ日だと、同じ車で行けるからです。車なら10分ですが、歩くと40分から50分は掛かります。

電話番号やアドレスを入れたり、記入部分もあります。

私が開いたときは、5月27日分を受け付けていました。木・土・日の三日間しかしないのだから23日からだと、まだ二日目です。1時間40分でまだ全く進んでいません。

15分間隔で刻んであり、その横に、2人、3人、5人とか、最大7人まで書いてあり、それが残り人数のようで、大目に残っている人数を二人でクリックしながら、

夫が「ここ押すの」私は、「押して、直ぐに下がって、その隣の『はい』を押して、決定を入れて」と言う。

それでもエラーが出ると、また最初からやり直しです。同じことを繰り返します。

娘が「もう~、仕事してられない!」と、夫に変わります。(笑)

私「じゃ、入るね」で決定を押すと、6月3日が取れました。続けて2回目も応募します。娘は6日の分が取れたようです。

人数の多いところを選んでも、複数で画面を見て動いているのでしょう、タッチの早い人に取られ、エラーになります。

その繰り返しなので、ずっと時間帯を下げてとる方が取れるのです。

娘のタッチはさすがに早いです、2回目分は追い抜かれてしまいましたが、26日の同日の夫は2時、私は4時半に取れました。

私と夫で30分、娘に代わって私の完了まで30分、1時間以上かかりました。それで、娘は30分の残業をしていました。

家族総出になりましたが、一人暮らしの方では中々大変ですね。

エラーが3回続くと、もうだめかも?と思うのですが、3回どころじゃありません、何十回と続けなくてはいけません。

もっといい方法はないのかしら?と、思いましたが、はじめての経験です。取れてほっとしました。

早いコロナの収束を願っていますが、ここにオリンピックとはどう考えても、同時に出来るとはとても思えません。

変異株はやはり脅威だと感じます。

国民の大多数にワクチン接種も間に合いませんし、無理としか思えません。

 

五月

f:id:sasameyuki47:20210502122035j:plain

ジキタリスの花が咲き始めました。今年の新入りです。

もっと花が密でr豪勢な写真を見たのですが、シンプルです。種を取って咲かせたいけど、こぼれ種では無理なのでしょうか?楽ですけど・・・(笑)

丸川大臣の、500人の看護師要請には、呆れ果てましたね!

現実を見ないのでしょうか?だからどうする?を考えるのが政治家の仕事ですよね、しかもトップに立つ人が、こうだから、日本はこんな状態なんです。と言えそうです。

 菅義偉首相は30日夜、東京オリンピックパラリンピック組織委員会日本看護協会に対し、大会期間中の医療スタッフとして看護師500人の確保を要請する文書を送ったことについて、「(日本)看護協会の中で現在、休まれている方(看護師)がたくさんいらっしゃると聞いているので、(派遣は)可能と思っている」と述べた。 また、ツイッターなどで新型コロナの感染拡大で看護師が不足しているとして、五輪派遣への反対が広がっていることについて、「そうした声があることは承知している。支障がないように全力を尽くしていきたいと考えている」とも説明した。首相官邸で記者団に述べた。

私は毎日家におります、まあ散歩や、ラジオ体操や、草取り、庭木の剪定と外には出ていますが、早くコロナが収まるのを待っています。

f:id:sasameyuki47:20210501071419j:plain

植えたばかりのキュウリです、花も苗も、生協の共同配達です。

水撒きなら毎日出来そうだし、緑のカーテンで日よけにもなるし、いいかな~と。

f:id:sasameyuki47:20210501071400j:plain

その隣が白ゴーヤです。大きなゴーヤは食べきれないので、小さめが良いと選びました。

f:id:sasameyuki47:20210501071447j:plain

それとこれはもうずっと先に植えた、株咲きのミニトマトで、蔓が出ないそうです。

バケツのそこを抜いて、二株とキュウリの一株があります。

上手く収穫できると、その時は一石二鳥となることでしょう。

 

三度目の正直とワクチン予約票

f:id:sasameyuki47:20210418114932j:plain

満開のモッコウバラ、昨日夫と道路側から剪定しました。

近所に入っている大工さんが通りながら、「満開の花、もうちょっと見たいな」と声を掛けられました。

「どっちみち、そのうちに散るから、少し早めに…」なんて言いながらも、花を惜しんでくれる人がいると、ほっこりしました。

f:id:sasameyuki47:20210418115000j:plain

両隣がフェンスに添って、はみ出した枝を切られたので、我が家の垣根が道路側に30㎝ほど出ているので、フェンスに沿って歩いてきた人は、我が家でコースを変えないと行けなくなるぐらい出ています。

それで、せめて出た分を戻そうと、来年の花芽が着く前に、早めに咲いているうちにとなりました。

お隣から、「仲良くお揃いで』と声を掛けられ、「一人じゃ労働力が大変で、する気がしない。」と答えました。

そういえば、お隣は散歩も剪定も一人でしていますね。それぞれです。

f:id:sasameyuki47:20210426180153j:plain

右端をごっそりとカットしました。電信柱が丸見えですがすっきりしました。

来年、新芽で形を作り直しです。

30cmも出ているのはなくなりました。あとは15cmぐらいは出ているかな?という感じです。

三度目の緊急事態宣言が出ましたが、東京の人出は中々収まらないようです。

私は一年余り東京へ出ていません。月に一回ぐらい行っていた観劇もしていません。

まあ仕事もないし、特に用事もないから、それで過ごせています。

もうこれ以上の自粛はないでしょう。孫のところへも行っていませんから、その分おやつを送っています。

f:id:sasameyuki47:20210419111301j:plain

市からワクチンの予約表が来ました。

でも中身を読むと、集団接種の予約電話は5月23日以降、かかりつけ医院での予約は6月1日以降で、実施となると完全に6月以降ですね。随分先の話です。それで、2回目となるとやはり7月末でしょう。

免疫が出来るのはその1~2週間後でしょうから、年寄りもオリンピックには間に合いません。

やはり感染者数を減らすしか、この危機を乗り越えることは出来ません。

三度目の正直という言葉はありますが、3度で終わるか?第4波や第5波が来るのか、感染者数をどこまで減らすかに掛かっているょうです。

f:id:sasameyuki47:20210419111452j:plain

高校一年生の孫は、部活もなしで通っているのか?と気になったりします。

2年目の春、もう元通りに戻ることは考えられず、新しい時代を迎えることになるのでしょう。

どんな時代になるのか?まずはコロナが収束しないことには、混沌としかいいようがありませんが、明るい未来を期待しています。

 

アザレア

f:id:sasameyuki47:20210408142414j:plain

この写真は我が家のツツジですが、今年は花付きが悪く、これでほぼ満開だと思います。

アザレア(西洋ツツジ)はこれらのツツジを交配してつくられたもので、ほぼ兄弟でしょう。

海の向こうで綺麗に咲いていましたね。

f:id:sasameyuki47:20210412061627j:plain

そうマスターズの綺麗なゴルフ場です。

二日もお付き合いさせられました。

月曜日は朝4時過ぎからテレビ観戦です、でも松山英樹選手の優勝が見れてよかったです。

アジア初のマスターズ制覇、おめでとうございます。

f:id:sasameyuki47:20210412063151j:plain

この11番コースから、沢山の花が見える綺麗なコースが続きます。

何の花かな?と私がパソコンで検索すると、同じ質問をその前にしている方があり、アザレアやハナミズキの花が多い。と答えている方が居ました。同じ思いですね。(笑)

f:id:sasameyuki47:20210412062918j:plain

密分には綺麗なのですが、コースとしては風を読むのが難しかったり、バンカーや池が配置されていて、ドラマチックな難コースだそうです。

それでこのコーナーをアーメンコーナーと呼ぶそうです。

なんでもコースを読むのが難しく、神に祈るしかないことからそう言われるそうです。

f:id:sasameyuki47:20210412062721j:plain

松山選手も12番でバンカーに、13番では池に入れてしまいました。

それぞれ花の名前が付けられていて、11番はパー3で「ホワイトドッグウッド(ハナミズキ)、12番はパー3で「ゴールデンベル(れんぎょ)、(上の写真かな)、13番はパー5で「アザレア(ツツジ)」と愛称がついているそうです。

f:id:sasameyuki47:20210412063507j:plain

本当に簡単には勝つことは出来ないようになっています。

それでも10アンダーで優勝出来ました。

日本と同じ花の季節を感じることが出来ました。

そして無観客ではなく観客ありで、その中に医療従事者達が招待されていると伝えていました。

アメリカは、そこまで回復したということなんでしょう。

政権が変わったから成し得たことなんでしょう。

散歩道

f:id:sasameyuki47:20210410173831j:plain

花粉もだいぶ少なくなったのでは…と思い、ウォーキングを開始しました。

花粉症の薬も飲んだり飲まなかったりです、つまり歯医者さん通いをしていて、その日は飲んでいます。鼻水が出たのでは困りますので・・・。

写真はその道中のお庭の八重桜が満開です。

各家庭の庭の花も楽しませてくれますね。

私は出来るだけ、住宅内を避けて、郊外の畑のある自然の方角へ向かいます。

ここへ越してきた当時は、駅から東に向かい20分ほどかかり住宅の端にあたるところに我が家はありました。

ですから、さらに東に向かうと、畑や空き地があり、そこが家庭菜園になったりしていたのですが、今では住宅が増えて、さらに15分ほど歩かないと畑は見えてきません。

f:id:sasameyuki47:20210410174956j:plain

今では貴重な空き地に向かって歩きます。

いろんな季節の花があり癒されます。

小さい平屋があるのですが、それらは取り壊され、新しい2階建ての住宅になって売りに出されます。

f:id:sasameyuki47:20210410175226j:plain

まもなくそうなるであろう土地は畑にはなっていません。

そういう空き地は花畑になっています。

この空き地と道路を挟んだ、向かいの空き地は、この間から工事の車が入り、通行止めになっていました。

工事が終了すると、きれいに整地されていました。

f:id:sasameyuki47:20210410175641j:plain

下水桝と電信柱が立ち並び、17軒の住宅地になるそうです。

空き地が無くなるのはさびしいです。

 

東京も感染者数が500台で増加傾向にあり、来週の12日から蔓延防止等重点措置を適用するので、その前にと、今日の人出は増えているらしい。

昨年の今頃は、第1波の緊急事態宣言中でしたね、確か80台の感染者数で、入ったと思います。

3波の緊急事態宣言を、100台まで抑えれば、増加もまだゆるやかだったのでしょうが、300台で解除したので、直ぐに500台になりました。

1年経ったのに、経験が蓄積されていないようです。それらが生かされないのが不思議です。

最近はコメンテイターの方まで、「欧米に比べたら極端に少ない数字ですよ、日本は政府も国民もよく頑張っていると思います。」と言う方がいます。

何故欧米と比較しないといけないのでしょうか?アジア人ですから、近くのアジアと比較した方が公正でしょう。

中村文則さんの書斎の呟き「迷走するコロナ対策」(毎日新聞・4・1)が、同じ思いを感じました。以下に載せます。

 新型コロナウイルスの感染拡大はズルズルと終わりがなく、健康被害に加え、精神的にも経済的にも、もうずっときつい状況が続いている。 コロナを抑え込んでいる近隣諸国を見る限り、本来なら、日本も同じくゼロコロナに近づける領域にいけたと感じる(一度はあんな半端な緊急事態宣言で、東京は1日1桁まで減った)。もう遅いかもしれないが、今がそうなれるギリギリのタイミングかもしれない。日本がまだ一度もしていない、明確なロックダウン(徹底的な補償付きの)はできないだろうか(本来は去年やっておくべきだった)。人の心理として、目標がなければ自粛は難しい。規制をしなくても、感染者数が増加すればどのみち経済は鈍化する。実質的に、経済だけを見ても感染者数は減らさないともうどうしようもない。 コロナの被害は地域差があり、日本は島国なので本来はかなり恵まれた位置にある。なぜかマスコミがあまり報じないのでここに書くと、抑え込んでいる近隣国の一日の感染者数(3月14~27日)は、ニュージーランドと台湾が大体ゼロ~数人、オーストラリアがゼロ~十数人で、日本は桁が二つ違う(3月27日付で2000人以上)。この地域の海に囲まれた立地の先進国で、失敗したのは日本だけだ。ちなみにベトナムラオスブルネイなどもゼロ~数人、中国が数人~十数人、シンガポールが数人~二十数人等々となっている。そもそも去年の春に徹底したロックダウンを一度していたら、今の日本は全く違う景色が広がっていたはずだ。こうやってズルズルやるのが(日本の政治っぽい)一番駄目に違いない。 コロナは大したことはない、との政策をとったスウェーデンも、感染者数が激増し、結局規制へ方針転換した。同じくコロナを軽視したアメリカやブラジルは、医療崩壊だけでなく葬儀業務の崩壊まで招く悲劇を起こしてしまった。アメリカもブラジルも大統領が別の人間なら、あそこまで死者数は増えなかっただろう。ブラジルの大統領はブラジルのトランプと呼ばれ、トランプ的なもの、がコロナに対し脆弱(ぜいじゃく)だったことも明らかになった。フィリピンやイギリスの大統領、首相もそう呼ばれており、同様に失敗した(イギリスは首相が感染するまで対策が遅れた)。○○のトランプ、と呼ばれた指導者は全員失敗したことになる。 日本は安倍政権時にコロナ禍を迎え、既に国会(政治の中心)は虚偽に覆われ、言葉も論理も崩壊していた。そして対コロナ対策の失敗も、崩壊した論理/言葉から始まっている。それは、もうお忘れかもしれないが、感染者が増え始めた時、日本のメディアで一部の論客がなぜか口をそろえ一斉に主張し始めた「検査数を増やせば医療崩壊が起きる」という意味不明の謎の言葉だった。こんなことを言っていたのは、世界中で恐らく日本だけだ。台湾やニュージーランドの指導者が聞けば仰天しただろう。 検査数を増やせ、の訴えは同時に、軽症者や無症状者を一時的に隔離できる施設(ホテルなど)の用意を前提としていた。医療が崩壊するはずがない。むしろ感染者を見つけなければ水面下で広がり、突如拡大し医療崩壊が起きる(そして起きた)。この言葉は言い直すなら「検査数を増やせば保健所崩壊を招く」が正しい。だから保健所だけに任せず、国を挙げて民間の協力も得てやれと多くの人は訴えていたのだった(だがまだやっていない)。日本のコロナ対策の失敗は、従来の枠組みでコロナを迎えようとした結果、それを越える政策を放棄したことに尽きると思う。 あの時意味不明な発言をしていたコメンテーターたちは(反対意見を巧妙に捻(ね)じ曲げて紹介し、それを論破する虚偽的な言論をする傾向にある)、今でも何気ない顔でテレビ等で発言し続けている。恐ろしいとしか言いようがない。日本のコロナ対策の最初の失敗を導き出した言葉が、なぜあの時不自然に一斉に発せられたのか。気味が悪いので一度マスコミは検証してほしい。

 ■人物略歴

中村文則(なかむら・ふみのり)氏

 1977年愛知県東海市生まれ。福島大卒業後、フリーターに。2005年「土の中の子供」で芥川賞、10年「掏摸<スリ>」で大江健三郎賞など。作品は各国で翻訳され、米国デイビッド・グーティス賞を日本人で初めて受賞。この「書斎のつぶやき」も一部収録した初エッセー集「自由思考」を19年に刊行。20年4月、新作小説「逃亡者」を刊行。

 

さくらさくら~

f:id:sasameyuki47:20210405110023j:plain

これは今日ではありません、昨日の朝の住宅内の桜吹雪の写真です。

夜中の雨で、きっともっとたくさんの花が散ったことでしょう。

先週の土曜日の日に、その雨の前に最後の桜鑑賞だと思い、夫と車で公園へ行きました。

毎度おなじみの薔薇公園のところですが、私たちは勝手に薔薇公園と呼んでいるだけで、正式名はカルチャーパークということがわかりました。

f:id:sasameyuki47:20210403134047j:plain

それは公園内を歩いていると、アナウンスが入ったからです。

「カルチャーパーク内の自転車の乗り入れは禁止です、犬の散歩には紐を付けてお願いします。」というものでした。

公園内はバラ園を作った際に、大きなさくらの木は、安全(見通しが悪い)のためにと結構切られました。それで、川沿いの桜は変わらないだろうと、水無川沿いの道に出ました。

昨年は出かけなかったので、わかりませんが、今年もまだいけます、見事に咲いています、

f:id:sasameyuki47:20210403134307j:plain

これは下流側に流れる方向です。人も三々五々という感じで、ソーシャルディスタンスが取れています。

手前の芝桜も綺麗ですね。桜と芝桜の競演です。

f:id:sasameyuki47:20210403134322j:plain

こちら側は上流に向かい、丹沢山系が広がります。

孫二人が来た時には、この上手の大倉入り口の戸川公園へ行き、河原で時間の経つのを忘れるほど川遊びをしたものでした。

もうお兄ちゃんが今年は高校生ですし、今173㎝あるとかで、家の中には大人が3人で子供が一人という状況でしょう。

その公園も今は訪れていません、様子はどうなのでしょうか?

結局このコロナ禍は街には出ていませんが、自然のある方面にも出かけていません。

確かに経済的影響は大きいでしょうね。

だからと言って、宮城県のように、GO TO イートを始めたら、感染が拡大するということは、実験台になったかのように実証されましたね。

それはGO TO キャンペーンが第3波の引き金になったということの実証でもあるのでしょう。

中々経済の活性化は難しいところです。

それでも山梨方式は成功しているのですから、どのどん他の県でも真似をすればよいと思います。

f:id:sasameyuki47:20210403141811j:plain

家に帰ってくると、垣根のモッコウバラの白い色が咲き出していました。

ちょっと早い気がしますが、この気温では一気に花が咲き出しそうです。

大阪では感染者が500人越えですが(昨日まで)、蔓延防止策だけでいいのでしょうか?変異種株が半分と聞きますが、他県との移動の制限もしなくてもいいのか?と疑問に感じました。

f:id:sasameyuki47:20210403141859j:plain

ガレージ横のつつじも咲き出していました。一度に春の訪れです。

それに全国の感染者数が2000人を越える日が続いていますが、以前はⅠ都3県で半分を占めていましたが、今は全県に散らばっています。1都3県は600ぐらいだから4部の1から3分の1です。

これで、ワクチンがまだということなら、ますますオリンピックは無理なような気がします。

1年経っても、こうだということ、こうも見通しが立たないことが、不思議な日本ということですね。

満開の桜

f:id:sasameyuki47:20210329162643j:plain

近くの公園の桜が満開です、夜中に酷い雨が降ったのですが、散らずにいてくれたようです。

私たちがラジオ体操に使用している公園です。

f:id:sasameyuki47:20210329162716j:plain

集まった時には花壇の手入れもしています。

ビオラ100本も私達で植えました。

f:id:sasameyuki47:20210329162741j:plain

今が花盛りです、今年は早いですね。

確かに太陽が出ると日差しが強く感じます、これも地球規模での変化でしょうか?

地球温暖化が進んでいるようで、不安ですね。

入学式の頃に、記念撮影で桜の木の下で撮りますが、今年はそれが叶いません。

卒業式の花になりましたね。

f:id:sasameyuki47:20210329162704j:plain

志村けんさんの1周忌だとテレビで流れていましたが、昨年は衝撃的でした、また昨年の今頃は、今年もまだコロナ禍にあるとは想像だにしませんでした。

すっかり解決されているころだとおもっていました。

それどころか、リバウンドだ4波の入り口に来ていると言われています。

本当に正直に、人出が出ると増えますよね、動かないのが一番だということはわかりましたね。

では経済はどうするのか?

まずGOTOキャンペーンの残りの予算を、飲食店の時短の補償に回してはどうでしょうか?

今あるお金ですから、利用すれば使えます。

無理に観光業で使う必要はないでしょうから、臨機応変に回せばよいと思います。

もちろん観光業への補償でもいいでしょう、コロナが終われば、人々は補助がなくても皆さん、外へ出るでしょうから、補助は必要なところへ回せばよいと思います。